Le journal d'Ayano en France

感じたことや日々の記録を綴っています。自分のため、生存報告のために綴ります。

lundi 1er avril *ブレスト


f:id:ayanoafrace:20190331205939j:image

フィ二ステール(地の果て)県、最西端の街、ブレスト。

市民の1割が学生と研究者とも言われる学園都市でもあるようです。




f:id:ayanoafrace:20190331210219j:image

ブレスト城

奇跡的に戦火を免れたそうで、今もその姿を残しています。

川の河口に建っています。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190331210238j:image

なにやら音楽を流しながら楽しそうに踊る女の子たち。

周りに人が来ても、おかまいなしに踊りつづけていました。

でも、こんなのもフランスらしくて好き。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190331210407j:image

河口に近いということで、河の水位は潮の満ち干きの影響を受けるようです。

今は干潮なので河の水位も低いため、水面近くの橋は凹んだような形になっていますが、潮が満ちてくると橋が真っ直ぐになり、満潮時には少し山のようになるらしいです。

 


f:id:ayanoafrace:20190331210453j:image

ブレストはフランス一の海軍都市。

さすが、フランスの最西端の地。

この港も海軍の船がたくさん停まっています。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190331210431j:image

対岸へ渡るためのケーブルカー

観光用というよりは、トラムやバスのように市民の足としても利用されているようです。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190331210517j:image

天気が良く、海辺で太陽をサンサンと浴びながらワインやビールを飲む人もたくさん見ました。

海沿いの遊歩道を散歩する人、ジョギングする人、ベンチで座って日光浴する人。

こんな風景を見ていると、こんな生活もいいなぁといつも思います。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190401190011j:image

夕暮れ時の港も美しい。

 


f:id:ayanoafrace:20190401185953j:image

転覆した船を助けるためのレスキュー船。

フランスとイギリスの間の海峡は、船の往来が多く、その分トラブルも多いようです。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190401190058j:image

タカコさんの息子くんが、連れて行ってくれたお気に入りの場所。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190401190043j:image

大きな河が海に注ぐ風景が目の前に広がります。

時間を変えてまた見に来たいと思える場所でした。

 



f:id:ayanoafrace:20190401190318j:image
この日の晩御飯は、ホットプレートのような鉄板でのガレット&クレープ。

初のガレット作りに挑戦!

見てると簡単そうに見えるのに、やってみると生地を均等に丸くするのが難しい、、、

でも、これなら帰国後も作れそう!

 

 

 

ちなみに、タラソテラビーはブルターニュで始まったそうです。

タラソテラピーたは、海水や海草の成分を使った治療や健康増進セラピー。

今回は時間がなかったですが、ぜひ本場のタラソテラピーを体験してみたい!