Le journal d'Ayano en France

感じたことや日々の記録を綴っています。自分のため、生存報告のために綴ります。

*フィッツウィリアム美術館 @イギリス


f:id:ayanoafrace:20190522150840j:image

ケンブリッジ大学の一部の美術館。

大学の美術館とは思えない風格と芸術コレクションの数々。

絵画だけでなく、彫刻やアンティーク、陶磁器、工芸品などもたくさんあるようです。

ケンブリッジは日帰りで十分、と聞いてたけど、私的には時間が足りないー💦

美術館全体をゆっくり見る時間がなく、興味のあるところをかいつまんで鑑賞しました。

 



f:id:ayanoafrace:20190523151219j:image

 



f:id:ayanoafrace:20190522150916j:image
入った瞬間のエントランスからすでに、おおー!って感じ。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190522150945j:image

 


f:id:ayanoafrace:20190522151156j:image

モネ

描かれているのは、モネの息子と後の妻。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190522164656j:image

モネ

 


f:id:ayanoafrace:20190522164713j:image

モネ

モネとシスレーは作風が似ているけど、シスレーはこういった荒々しい自然の絵は描かなかったんだとか。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190522164732j:image

ブリューゲル

死者の勝利

ブリューゲルの作品は細かくいっぱい描き込まれていて、絵の中にいろんなストーリーが含まれている感じがして面白い。

机の上に広げて、近づいてじっくり鑑賞したい。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190522164759j:image

ブリューゲル

村の祭りのような題材で、踊っている人もいれば、飲んだくれで酔いつぶれる人もいるし、人間味があるのが親近感の湧く作品。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190522164824j:image

ブリューゲル

こっちは、楽しくスケートをしている作品かと思いきや、タイトルは罠。

左下には氷上に空いた穴、右下には鳥罠。

氷上でスケートに興じる人と、罠の餌食になる鳥とは、『油断すると簡単に命を落としてしまうよ』といったことを明示した作品らしいです。

そんなことが意味が含まれているなんてー!

 

 



f:id:ayanoafrace:20190523151244j:image

ブリューゲル次男の作品。

こういった花瓶の構図もよく見るけど、その先駆者となったのが彼のようです。

花瓶の下には宝石やアクセサリーが描かれているから、宝石商に依頼された作品か?、って解説されていました。絵画ってそういう風に読み解くのか!

 

 


f:id:ayanoafrace:20190522164928j:image

イギリスの家

こんな感じで家同士がくっついていて、出窓があるおうちをよく見かけました。

こんなおうちはフランスではあまり見かけないかな。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190523151306j:image

キングスカレッジの正面玄関

samedi 19 mai  *ヴェルニサージュ


f:id:ayanoafrace:20190519190302j:image

リヨンの知人のギャラリーで、ヴェルニサージュ(オープニングパーティー)のお手伝い。

今回も写真を撮ったり、飲み物を用意したり。

 

日本で活躍されている同世代のアーティストお二人。

 

絵を見て自分の解釈で感じるだけでなく、その絵への思いや題材などについて直接お話が聞けるのはとても贅沢なこと。

 

 

f:id:ayanoafrace:20190519190323j:image

安原成美さん

 


f:id:ayanoafrace:20190519190338j:image

水津達大さん

ノッティングヒルの恋人@ロンドン


f:id:ayanoafrace:20190518232935j:image
ノッティングヒル巡り

姉と夫の影響で好きになった『ノッティングヒルの恋人

ロンドンへ来たらロケ地巡りをしてみたいと思っていました。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190517230733j:image

閑静な高級住宅街という印象。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190517230854j:image

この辺りの家はどこもきれいな外壁が保たれていました。

パステルカラーが多い。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190517231010j:image

映画の中で何度も出てくるポートベロー・ロード。

住宅地から2ブロックほど離れると、賑やかな通りが出てきました。

 


f:id:ayanoafrace:20190517231135j:image

映画の中の本屋としてロケが行われたお店は、今はお土産屋さん。

 

 

 

f:id:ayanoafrace:20190518232525j:image

店内には映画のポスターが貼ってあったり、オリジナルTシャツが売られていたり。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190518232547j:image

こっちはモデルとなった本屋さん。

実際に今も本が売られています。

中は観光客でいっぱいで、オリジナルグッズやカバンも売られていました。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190519185641j:image

ウィリアムとアナが出会う運命の曲がり角

 

 


f:id:ayanoafrace:20190519185744j:image
その曲がり角のほんとに目の前にあるのが、ウィリアムの家のロケ地

 


f:id:ayanoafrace:20190518232632j:image

これこれ、この青いドア!

 

 


f:id:ayanoafrace:20190518232649j:image

二人が夜中に忍び込んだ公園。

実際には公園ではなく、この辺りの住人たちのプライベートガーデン。

住民たちのもつ鍵でのみ入れる、共有の庭。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190518232707j:image

中はこんな感じ。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190518232737j:image

傷心のウィリアムが映画を見た映画館。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190518232755j:image

ウィリアムの友人マックスとベラの家

 

 


f:id:ayanoafrace:20190518232810j:image

ノッティングヒルではないけれど、リッツロンドン

アナが滞在したホテルとして出てきます。

実際にもなかなか、ゴージャスでラグジュアリーなホテルのようです。

 

 

好きな映画のロケ地を巡るのってワクワクする!

帰国したら、ノッティングヒルの恋人を見返そう!🎥

 

ケンブリッジ②


f:id:ayanoafrace:20190513032106j:image

カレッジとはいわゆる「学寮」のこと。

教師と学生は各カレッジで寝食を共にし、学業のみならず学生生活のほぼすべてを過ごすことになるそうです。

今ではカレッジ内に住まないという選択肢もあるそうですが、あくまでもどこかのカレッジに在席しているということ。

カレッジによっては同じ専攻の学生が多く集まる場合もあるけど、通常は複数の専攻の学生たちが1つのカレッジに集うことになる。

カレッジごとの競争意識もあり、成績はもちろんのこと、施設、学食などさまざまな分野で争っているのだとか。

また、お金持ちカレッジ、スポーツが得意なカレッジ、食事が美味しいカレッジなど、どこのカレッジに所属するかにもよって、学生生活が変わってくるんだとか。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032128j:image

キングスカレッジ

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032149j:image

ここもケム川に面して広い芝生が整備されていました。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032217j:image

映画のロケ地としても使われるようです。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032302j:image

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032233j:image

キングスカレッジ・チャーチ

1446年から70年もの歳月をかけて造られた、広大かつ繊細な教会でした。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032250j:image

天気が良かったので、ステンドグラスが美しく明るく教会内を照らします。

 

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032336j:image

この天井がまたすばらしい!

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032323j:image

 


f:id:ayanoafrace:20190513032442j:image

名前は忘れてしまった別のカレッジ。

前の3つのカレッジ比べると小規模ではあるけれど、こじんまりとしてここもまた素敵。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032409j:image

 

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032426j:image

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032505j:image

ケンブリッジの街角。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032603j:image

ケンブリッジハリー・ポッターの撮影地ではないけれど、ハリポタグッズのお店がありました。

雰囲気バッチリの店内。

 


f:id:ayanoafrace:20190513032618j:image

 

 

 

ケンブリッジ①


f:id:ayanoafrace:20190513031312j:image

オックスフォードもいいけど、私はケンブリッジの方が好きよ〰とおすすめされて訪れたケンブリッジ

大学の街ということは聞いたことがあったので、学園都市みたいなものかな?と思ったいたら、どうやら違うようです。

ケンブリッジ大学には31のカレッジがあり、全学生がどこかに所属し、勉強、生活をともにするそうです。

イメージとしては、ハリー・ポッターの4つの寮みたいな感じ?

そして、各カレッジごとに特徴があり、大学に入る試験とは別に、カレッジ入るための試験もあるそうです。

 

日本の大学(University)とは別、と考えた方が良いみたい。

 

この写真のカレッジは、セントジョーンズカレッジ

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031432j:image

カレッジ内の教会

ハリー・ポッターの撮影が行われたのはケンブリッジではなオックスフォードだけど、ここでも十分ハリポタ感!

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031415j:image

こんなとこらでキャンパスライフを送ってみたかったな〜

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031349j:image

ため息場所

ヴェネツィアにある『ため息』というのをモデルに作ったそう。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031521j:image

ため息橋は観光客は通れませんでしたが、こんな感じ。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031544j:image

パリのセントシャペルを模して作られたという外観は、細かい彫刻も施され、ウエディングケーキという愛称ももつらしい。

確かに美しい!

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031633j:image

回廊

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031558j:image

広い芝生の庭

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031700j:image

大学沿いにケム川が流れ、パントもいう小舟で観光できます。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031727j:image

ラウンド・チャーチ

チャーチというからには教会なのかと思いきや、そうではなく情報センターのようです。

入場料がかかったので、入らず。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031936j:image

大学の前のメインストリート

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031952j:image

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031824j:image

トリニティカレッジ

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513031848j:image

多くのノーベル賞受賞者がかつて通っていたカレッジだそうです。

ニュートンのりんごの木のと呼ばれる木もありました。

ケンブリッジに中ではお金持ちカレッジ💰

 

 

カレッジごとに見学可・不可があり、また、有料のところと無料のところがありました。

今回はラッキーなことに、ケンブリッジ卒業生の知り合いから、ケンブリッジカードというものをお借りできました!

それを使うとケンブリッジ関係者の振りをして、タダで見学できてしまうという優れもの!

入場料の高いケンブリッジでは、おかげで大変助かりました^^

 

 

samedi 18 mai *ナショナルギャラリー


f:id:ayanoafrace:20190513032734j:image

ロンドンのナショナルギャラリー

大英博物館と並んでイギリスの二大博物館と言われるようです。

 


f:id:ayanoafrace:20190513032851j:image

建物や内装自体がステキ

ヨーロッパの美術館って、どこへ行ってもこんな感じで、天井や壁の色・装飾なども絵を引き立てているという感じがします。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032914j:image

このナショナルギャラリーも無料で入れるなんて、嬉しすぎる!!

ロンドンは入場料が必要な寺院などは高いから、美術館が無料なのは本当に魅力的!

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513032947j:image

数々の作品があったけど、やっぱり見たいのはモネ。

膨大な数のすばらしい作品が展示されていて、絵画だけでもとても見切れない!

美術館自体が大きいということはもちろんのこと、作品を見るのって、意外とエネルギーを使うんだということも最近分かりました。

すべてじっくり見たいところだけど、それは難しいという中で、これだけは見たい!、この人の作品だけは見たい!というものに出会えたのもこの1年の収穫の1つかな。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513033009j:image

シスレー

 



f:id:ayanoafrace:20190515062056j:image

ルノワール

 

 


f:id:ayanoafrace:20190513033109j:image

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515001947j:image

モネ

 

 
f:id:ayanoafrace:20190515002008j:image

モネ

 


f:id:ayanoafrace:20190515002029j:image

モネ

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002242j:image

モネ

パリ郊外、ジヴェルニーの自宅の庭に架かる太鼓橋。

ここ行った行った!この橋見たな〰

と思いながら作品を鑑賞できる贅沢に浸りました(笑)

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002720j:image

右がモネ、左がシスレー

モネとシスレーは並べられて飾られていることが多い気がする。

 



f:id:ayanoafrace:20190515002506j:image

 


f:id:ayanoafrace:20190515002101j:image

セザンヌ

この、お皿に載った果物の構図はよく見る気がする。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002335j:image

セザンヌ

未完成の絵がそのまま作品になるなんてめずらしいな。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002357j:image

セザンヌのゆかりの地、プロヴァンス

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002121j:image

ゴーギャン

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002144j:image

ゴッホ

ナショナルギャラリーの目玉でもある、『ひまわり』は、他の美術館へ出張中とのことで、見られず残念。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002205j:image

ゴッホ

この作品、なんか好き。 

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002223j:image

ピカソマティスの作品

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002310j:image

レオナルド・ダ・ヴィンチの『岩窟の聖母』

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002439j:image

ダ・ヴィンチの下書き?

こういった制作途中の作品が見られるのも貴重な機会。

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002741j:image

ナショナルギャラリーの向かいの広場

 

 


f:id:ayanoafrace:20190515002805j:image

あいにくのお天気のロンドン。

強い雨が降ったかと思うの晴れ間が覗いたり、晴れたかと思えば小雨が降ったりと、折りたたみ傘が手放せないお天気でした。

 

samedi 18 mai *今。


f:id:ayanoafrace:20190518174012j:image

 

帰国まであと1ヶ月。

なんだかソワソワし始めた。

 

予定外に部屋を早く開けないといけなくなって、てんやわんや。

イギリスで感じたことの記録も残したいし、リヨンに戻ってからのことも残したい。

今の自分の気持ちも残したい。

やりたいと思ってるけど、どこかでめんどくささを感じてしまっているのか、やれてないことが山積みな気がする。

 

部屋の片付けや荷造りもしなくちゃいけないけど、とりあえず一旦蔵へ行く。

またリヨンに戻ってきて、5/27からは父に付いてミラノへ。

梅酒野花を扱っているワイン屋さんへ行く。

6/1にそのままベルギーへ。

この間行った、うちのお酒のインポーターのところへ。

現地のレストランとお酒のワークショップやら。

6/9にリヨン・蔵に戻って、6/14に父帰国。

6/18に私も帰国。

 

時間は自分でつくる。

悔いのないのように、私!!

 

 


f:id:ayanoafrace:20190518174037j:image